怪我を回避

男性と女性

介護リフォームで手すりを取り付ける

高齢者になると足腰が弱ってしまい、歩く事が困難になってくるのです。ですから住宅で暮らす場合でも、ちょっとした事が原因で躓いて転んでしまう事が多いのです。そのため住宅には高齢者にとっても、安全な暮らしができる事が必要になっているのです。標準の住宅では、残念ながら高齢者にとって安全な住宅ではないため、介護リフォームで高齢者が安心して暮らせるようにする人が多いのです。ここでは介護リフォームで手すりをつける事によって、どんなメリットがでてくるのか紹介していきます。手すりは介護リフォームで、一番よく施工されている人気の工事なのです。その理由は手すりがある事により、体を安定させる事ができるため、転ばなくなるためです。

段差のある場所に手すりを取り付ける

高齢者は住宅の中でも転ぶ事で、頭をうったりして大怪我になる危険が高いのです。反射神経が遅くなっているため、受身をとる事ができないからです。ですから介護リフォームでは手すりを取り付ける事が大切なのです。手すりを取り付ける場所としては、段差がある場所が重要です。特に玄関の段差のある場所には、取り付ける事が重要です。玄関では段差があるばかりか、靴を脱いだり履いたりする必要があるため、どうしても体が不安定になりやすいのです。そういった時に手すりで体を安定させる事で、危険がすくなくなるのです。またトイレに手すりを取り付ける事も重要です。トイレの手すりは多ければ多いほど役に立つのです。お風呂もすべりやすいため、手すりをつけると良いです。